プログラミングで世界を変える

ゲームプログラミングと技術のこと

2年連続で夏のアドカレ運営をやってみての感想 【ゆるふわアドカレ】

f:id:splas_boomerang:20190825160328p:plain

はじめに

2018年から2年連続で「Unityゆるふわサマーアドベントカレンダー」(以下ゆるふわアドカレ)というイベントの運営をしています。

アドベントカレンダー(以下アドカレ)とは

元々はクリスマスまでの日数をカウントダウンするために使われていたカレンダーで、12月1日からはじまり、25個ある「窓」を毎日1つずつ開けて中に入っている小さなお菓子やプレゼントを楽しむものです。 近年、このカレンダーにならい、インターネット上において定められたテーマに従い参加者が持ち回りで自身のブログやサイトに記事を投稿する企画が多く実施されています。

Qiita Advent Calendar について - Qiita:Support

アドカレ良いところとしては

  • 每日興味がある技術の知見を知ることができる
  • 参加すると、普通に記事を書くより多くの人に見てもらいやすい
    • また締め切り駆動で記事を書く状況を作れる
  • 単純にお祭り感があって楽しい

など、個人的にすごく好きな文化です。

そんな楽しいイベントを夏にも開催しよう!みたいなところから始まった企画が「ゆるふわアドカレ」になります。(「Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2019 Summer!」を参考にさせていただいています。)

この記事では2年間運営してみて感じた色々な学びや反省をまとめてみました。運営は大変だから感謝してほしいというメッセージではなく、こんなことを考えてやってます、みたいな話ができればと思います。

続きを読む

AWE USA 2019で初めての海外出展をしてきました #mercariAWE

f:id:splas_boomerang:20190611181536p:plain

目次

はじめに

所属するメルカリのR4D XRチームで AWE USA 2019というイベントに行ってきました。今回はブース出展が目的での参加でした。

AWEとはAugmented World Expoの略称で、世界最大のAR系イベントとして知られています。近年はARに限らずMR/VR関連の団体も参加するようになっています。

今回の出展には、メルカリの技術プレゼンスの向上が背景にありました。メルカリはある程度の知名度がある会社ですが、メルカリでXRを取り組んでいることはあまり知られていません。そこで、メルカリのXRチームとしてグローバルな場でチャレンジすることに大きな意義がありました。

この辺りの話は、先日公開されたBusiness Insiderさんの記事中でも触れられています。

www.businessinsider.jp

続きを読む

【供養】未踏事業への提案が採択されませんでした

TL;DR

  • 「未踏」とは、国が支援するIT人材の発掘・育成事業
  • 友達と一緒に応募した
  • 落ちた

f:id:splas_boomerang:20190604002539j:plain
提案に当たり購入した書籍

初めに

未踏事業というものがあります。

「未踏」は、経済産業省所管である独立行政法人情報処理推進機構が主催し実施している、”突出したIT人材の発掘と育成”を目的として、ITを活用して世の中を変えていくような、日本の天才的なクリエータを発掘し育てるための事業です。

未踏:事業概要:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

提出年の4月1日に25歳未満であることが条件で、今年が最後のチャンスでした。そこで名古屋に住んでいた時からの友人である @tomori_hikage を誘い、一緒に提案書を出しました。

未踏に採択されると業界で活躍する方がプロジェクトマネージャー(PM)となり、プロジェクトに対してアドバイスを貰える点が魅力的に感じました。また、作業時間に応じて時給1,600円が付与されます。今回はOSS開発の提案書を出したのですが、本来であれば自分たちだけで進めなければならないプロジェクトを国が支援してくれる点が非常に魅力だと感じました。

結果としては一次審査で不採択となってしまったのですが、多くの時間と労力を割いて議論をし社会的に意義があると思える提案を考えられたので、ここで公開したいと思います。

参考: delihiros.hatenablog.jp

続きを読む

#技術書典6 で頒布したxR合同誌『ぷれぜんすっ!』の振り返りとお金の話

f:id:splas_boomerang:20190519105552j:plain

TL; DR

  • Re:VIEWを使いPull Requestベースで執筆を進めた
  • 物理本+DLカード+Boothで計150冊以上売れた(2019.05.17時点)
  • 赤字だったが損益分岐点やアピールの重要性、物理本需要についての学びを得た

頒布物: nkjzm.booth.pm

はじめに

04/14(日)開催の技術書典6でxR関連の技術書を頒布しました。 会社のxRチームの中から有志を募って制作した合同誌で、初めての試みでした。

実際に制作から販売までやってみて多くの学びがあったので、記事としてまとめたいと思います。

内容についてはこちらの記事をご覧ください。 kohki.hatenablog.jp

続きを読む

【イベントレポート】AR Developer Meetup #2 で垣間見たAR開発の"イマ"

はじめに

2019.05.10に開催されたAR Developer Meetup #2に参加してきました。

ar-japan.connpass.com

このイベントは株式会社MESONとサイバーエージェント XRギルドの共同開催で、AR開発をしている人の話を各15分づつ、LTより少ししっかりめの粒度で聞くことが出来る勉強会になっています。

私は#1から参加しているのですが、その時もすごい盛り上がりで、AR系に興味がある開発者の方は参加しておいて損はないイベントだと感じました。

togetter.com

今回はそんなイベントの様子を紹介していこうと思います。

続きを読む